Club Profileクラブ概要

2018-19 RI 会長 テーマ

インスピレーションになろう

2018-19年度テーマロゴ(日本語)

2018-19 年度RI会長  バリー・ラシン Barry RASSIN

2018-19年度RI会長写真

プロフィール

バリー・ラシン Barry RASSIN
2018-19年度 国際ロータリー会長
East Nassauロータリークラブ所属
バハマ(ニュープロビデンス島)

フロリダ大学で保健・病院運営のMBAを取得し、医療教育機関であるAmerican College of Healthcare Executivesでバハマ初の特別研究員となりました。院長として37年間務めた医療機関Doctors Hospital Health Systemを最近退職し、現在は顧問を務めています。全米病院協会の生涯会員で、Quality Council of the Bahamas、Health Education Council、Employer’s Confederationなど複数の団体の理事・委員長も務めました。

1980年にロータリー入会。RI理事を経て、現在はロータリー財団管理委員会の副管理委員長を務めています。また、RI研修リーダーとK.R. ラビンドラン2015‐16年度RI会長のエイドも経験しました。

ロータリー最高の賞であるRI超我の奉仕賞のほか、2010年ハイチ地震後のロータリーによる災害救援活動を統率したことにより多くの人道賞を受賞しています。また、エスター夫人とともに、ロータリー財団のメジャードナー、遺贈友の会会員でもあります。

インスピレーションになろう

113年前の創設以来、ロータリーの役割は、世界において、また会員の人生において、絶えず進化してきました。ロータリーはその初期、会員が親睦と友情を見つけ、地域社会で人びととのつながりを築く方法を提供していました。その後ほどなくして、ロータリーに奉仕が芽生え、組織の成長とともにその影響も膨らんでいきました。間もなく、ロータリー財団の支えもあって、ロータリーの奉仕は世界中の家族や地域社会の人びとの生活を変えていくようになりました。活動の成果を高めるために、他団体とのパートナーシップや奉仕の重点分野を生み出しました。各国政府、国際団体、無数の地元や地域の保健当局と協力して、世界最大の官民協同による保健の取り組み、ポリオ撲滅にも乗り出しました。ますます多くの会員が、友情だけでなく、人助けのために行動する方法を求めてロータリーにやってくるようになりました。

ロータリーは今も、そしてこれからもずっと、ポール・ハリスが思い描いた団体であり続けます。それは、この地球上のあらゆる国の人たちが手を取り合い、自分を超えた素晴らしいことを生み出せる場所です。その一方で、今日のロータリーは、類まれな不朽の価値を提供してくれます。それは、才能、そして世界を変えようという熱意をもつ人たちの世界的なネットワークの一員となれるチャンスです。私たちは、地域社会で行動する力が世界的な影響を生み出し、力を合わせればたいていのことを実現できる能力とリソースを兼ね備えています。

全世界で、ロータリーはかつてないほど重要な存在となっており、より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。残念なことに、ロータリーがどんな団体で、どんな活動をしているのかを十分に理解している人は多くありません。私たちのクラブ内でさえ、多くのロータリアンがロータリーについて十分に知らず、ロータリー会員であることの恩恵を十分に享受していません。

ロータリーの奉仕は、人びとの人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために、私たちは、ロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割を、これまでとは違う角度でとらえる必要があります。公共イメージにもっと重点を置き、ソーシャルメディアを活用して会員基盤を築き、奉仕のスケールアップを助長してくれるパートナー組織に注目してもらう必要があります。より持続可能な影響をもたらす大きなプロジェクトに力を注ぎ、ロータリー年度や任期を超えた活動の研究と計画に時間を費やす必要があります。一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるのです。

ポール・ハリスが述べたように「ロータリーは、世界平和の縮図であり、国々が従うべきモデル」です。私にとって、ロータリーは、単なる「モデル」ではなく、インスピレーションです。ロータリーは、可能性を指し示し、そこに到達する意欲を引き出し、行動を通じて世界の「インスピレーションになる」ための道を拓いてくれるのです。

2018-19 年度 国際ロータリー第2750地区 ガバナー

服部 陽子

18-19年度ガバナー写真

2018-19年度ガバナー 服部陽子プロフィール

【生年月日】   1952年5月10日生

【学  歴】   1975年3月 上智大学 英文学科卒業

【職  歴】

1987年4月  社団法人国際日本語普及協会 教師

            2010年より理事に就任、現在に至る

1994年4月  米山化学株式会社に入社

1995年4月  学習院大学 文学部日本語日本文学科 非常勤講師

            英国マンチェスター大学・シンガポール大学等海外に於ける日本語

教育セミナー講師 朝日カルチャーセンター講師

1999年4月  米山化学株式会社 代表取締役社長に就任、現在に至る

 

【ロータリー歴】

2000年12月 東京広尾ロータリークラブ入会(チャーターメンバー)

2004-05年度 クラブ幹事

2006-07年度 クラブ会長

2008-09年度 地区ロータリー財団補助金委員長

2009-10年度 クラブ創立10周年記念実行委員長 地区補助金委員長

2010-11年度 地区幹事

2011-12年度 ガバナー補佐(山の手東グループ)

2012-13年度 地区研修リーダー補佐

2015-16年度 地区研修リーダー補佐

2016-17年度 地区研修リーダー補佐

 

ロータリー財団 メジャードナー ポール・ハリス・ソサエティメンバー

ポール・ハリス・フェロー(マルチプル) ベネファクター

米山功労者   第3回マルチプル

インスピレーションになれるロータリークラブに!

2018-19年度バリー・ラシンRI会長は、年度のテーマを「インスピレーションになろう」と発表されました。変化を生み出すためにもっと何かをしよう、力を発揮しようという意欲を相手の心に起こさせる存在になること、それがインスピレーションになることだと説明されました。そして、より良い世界を作りたいなら、プロジェクト計画や任務の割り振りより先に、インスピレーション(それを実現したいという意欲を高めること)から始めてくださいと語られました。
では、どうしたらインスピレーションになれるのでしょうか?「頑張って力を発揮しなさい」と説いても、なかなか相手の気持ちには届きません。でも、もし困っている人たちを救おうと一生懸命に活動している人たちの姿を目の当たりにしたらどうでしょうか?自分も何かできることをしなければ!という思いに駆られるのではないでしょうか。それこそがインスピレーションなのでしょう。他者へのインスピレーションになるためには、時には自らの行動を持って示さなければなりません。時には自分の言葉で感動を語らなければならないのです。
ロータリーでは最近「変化」という言葉をよく耳にします。一つはロータリークラブ自体の変化が言われています。もう一つは奉仕活動により、世界をより住みやすい場所にするための持続可能な良い変化です。今、ロータリークラブに与えられた課題は、それぞれのクラブが5年後、10年後にも生き生きと元気であるために、今から自分たちのクラブが何をしていく必要があるのかを考え、それを実行していくことです。同時に世界をより良い場所にしていくために行動することです。この二つの旋風が2750地区中に巻き起ったらどんなに素晴らしいことでしょう。
そのためには、会員とクラブが、クラブと地区が、地区とRIが、いつもつながっていなければなりません。2018-19年度の地区運営は、地区内の「つながり」を大切にしていきます。その環境作りとして、ホームページのアプリケーション化や地区情報誌「ガバナー月信特別号」の発行、会員のみなさんが交流できる機会を増やす等を実行していきますので、どうぞ十分に活用なさってください。つながってこそ、お互いにインスパイアー(よい影響を与える、やる気を起こさせる)し合えて、ロータリーとして一つの大きな力になれるのです。みなさんの力をつないで、あと一歩まで来たポリオ撲滅を実現しましょう。地域社会、国際社会に良い変化を生み出す奉仕活動を行っていきましょう。又、ラシン会長の方針の一つであるロータリーデーを開催し、ロータリーの外へ向けてもインスピレーションを広げていきましょう。
地区内のロータリークラブが、それぞれ良いインスピレーションとなって、地域を、世界をより良い場所に変えてください。

2018-19年度地区重点目標

Ⅰ . RIテーマ、ロータリーのビジョン声明、RI会長強調事項の推進


RIテーマ「インスピレーションになろう」
BE THE INSPIRATION


ロータリーのビジョン声明


私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。


RI会長強調事項


1. ポリオ撲滅の達成
2. クラブのサポートと強化 人道的奉仕の重点化と増加 公共イメージと認知度の向上
3. インターアクトクラブ、ローターアクトクラブの増大
4. ロータリーデーの開催


Ⅱ . 地区運営方針 ~つながりを大切に~


地区戦略計画に基づき、継続性、一貫性のあるクラブ支援を行う
地区委員会間の連携よく協力体制でクラブを支援する


Ⅲ . 地区推進事項


① ポリオ撲滅の達成
② クラブの基盤強化・維持の支援
・クラブ戦略計画立案、実施の支援
・新会員のための研修
・クラブを超えた同好会の支援
③ 会員・ロータリークラブ・地区・RIのつながりを強化する
・地区ホームページの充実・アプリケーションの制作
・MY ROTARY 活用を支援
・地区情報提供誌「ガバナー月信特別号」の発行
④ 地区補助金、グローバル補助金を活用したプロジェクトの立案・実行の支援
⑤ ロータリー認知度向上のためのロータリーデーの実施
⑥ 2020 東京オリンピック、パラリンピックの支援


Ⅳ . 会員基盤の強化に関するクラブへの推奨


① クラブ戦略計画に基づいた会員増強目標の達成
② 女性会員の増強、若い世代(特に40 歳未満)の会員の増強


Ⅴ . ロータリー財団への支援


年次基金への寄付 1人:$150 ポリオプラスへの寄付 1人:$30
ベネファクター 会員99名までのクラブ:1名 会員100名以上のクラブ:2名メジャードナー 地区で12 名以上(レベル1 ~レベル4)
ポール・ハリス・ソサエティ 新規入会者:30名
Ⅵ. 公益財団法人ロータリー米山記念奨学会への支援
地区として特別寄付と普通寄付を合わせて 1 億円

2018-19年度

東京ピースウィングロータリーEクラブ

会長 松宮 百々子

1525765594777-2

ご挨拶

皆様、こんにちは。
2018-19年度東京ピースウィングロータリーEクラブの会長を務めます松宮百々子と申します。

さて当クラブは、ICUで学び世界各地に飛び立ってゆくロータリーピースフェローに早くからロータリアンとして活躍してもらいたいという願いのもと、立ち上げられました。そのため時間的場所的制約を受けずに例会に参加できるEクラブという形をとっております。また所属する2750地区や多摩中グループとの連携も可能な限りとらせて頂きたく、親クラブである東京三鷹ロータリークラブ様の地元、三鷹・武蔵野にアクセスしやすい国内在住メンバーも在籍し、グローバルとローカルの二本立てを意識しながらクラブのあり方を模索してまいりました。
そしておかげさまで、5月に創立5年目に突入致しました。
振り返りますと、例会や毎月のミーティングに加え、親睦会、海外在住メンバー来日の際の食事会、ピースフェローと協同の恵方巻作りや子供たちのための海外旅行疑似体験キャンプ、車いすフェンシングの支援など・・様々なイベントを通してメンバー間の絆が深まり、しだいに現在の和やか・のびやかなクラブの雰囲気がつくられたかと思います。

今年度の大きなイベントとしましては、8月に先輩クラブの東京井の頭ロータリークラブ様と協同させて頂く、小・中学生のためのフェンシング体験キャンプがあります。元オリンピック金メダリストのアスプロモンテ氏をはじめとする国内外の優秀なコーチが指導に当たりますので、子供たちにとって貴重な体験になるかと思いますが、私自身も昨年度車いすフェンシングの支援をきっかけにフェンシングというスポーツの激しさを目の当たりして以来関心が高まりまして、今度のデモンストレーションもとても楽しみにしております。
また、今年度の地区大会は2月にグアムで開催されます。親睦旅行を兼ねてなるべく多くの人数で出席できることを願っております。

また個人的にとても楽しみにしております(楽しんでおります)のが、他クラブ様との交流です。昨年冬からの2018-19年度多摩中グループ会長幹事会は私にとって先輩方に貴重なアドバイスを頂ける学びの場となっており、また地区の行事も大変に刺激を受けます。

おっちょこちょいとのんびりの合わせ技をもつ私ではありますが、一生懸命学び、まずは自分からロータリークラブ活動を満喫し、クラブとしてはメンバー間の交流・絆をさらに深め、私たちの強みである若さと多様性を存分に活かせる将来へとつなげられたらと思っております。
至らない点多々あるかと思いますが、皆様にお力添えを頂きまして、なんとか任期をまっとうしたいと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。

松宮百々子

特別代表挨拶

2013-14年度 第2750地区 ガバナー 舟木いさ子

Funaki東京ピースウィングロータリーEクラブの設立、誠におめでとうございます。この設立にあたり、お力添えいただきました皆様に、心より感謝申し上げます。
拡大補佐の宮崎陽市郎様、白石隼男様、五老辰雄様に、既存のクラブとは異なった条件のクラブ設立をお願いし、この度、平和フェローから輪を広げたクラブが誕生したことを大変嬉しく思っております。
東京ピースウィングロータリーEクラブは、2750地区内では、二つ目のEクラブとして、国際ロータリーに承認されました。グローバル化が急速に進む昨今、日本のロータリーも時代に順応したクラブ運営を試み、発展させていかなければならないと思います。既に国際ロータリーでは、インターネットを活用して国境を越えたビデオ会議や会員の交流が実践されています。そこで、世界中で活躍する若い方々が、どこからでも例会に参加できる革新的なクラブを検討して参りました。東京ピースウィングロータリーEクラブは、平和フェローの学友を中心に世界中のロータリアンがライフスタイルに合わせてWeb上でコミュニケーションを取り合って活動を行う、新時代型クラブと言えるでしょう。
多くの先輩ロータリアンにご指導いただきながら、100年以上続く奉仕の理念を重んじ、「ピースウィング」の名に相応しく、世界に大きく羽ばたくような活動を期待したいと思います。
東京ピースウィングロータリーEクラブの今後のご活躍とご発展をお祈り申し上げます。

拡大補佐挨拶

0116-2

東京三鷹ロータリークラブ
2013~14年   会長 
拡大補佐  宮崎陽市郎

東京ピースウィングロータリーEクラブ、チャーターメンバーの皆様、創立おめでとうございます。また、舟木特別代表をはじめとする、第2750地区ロータリアンの皆様、スポンサークラブ東京三鷹ロータリークラブの会員の皆様の、多大なるご支援に関し心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

新クラブ設立は、2013年2月に、舟木ガバナー(当時エレクト)と話したことがきかっけでスタートしました。私は、ロータリー平和センタープログラムに携わって12年になります。毎年10名の優秀なフェローが国際基督教大学修士課程を修了し、世界中で活躍しているのを見て、平和フェローの学友を中心としたロータリーEクラブが出来ないかと以前から思っていました。

ロータリーEクラブは、新しいスタイルのロータリークラブです。例会をウエブ上で行います。ですから、日本にいなくても会員になることが出来ます。会費も比較的廉価で運営をすることが出来ます。若いメンバーが入会しやすいクラブと言えましょう。第2750地区では、東京米山Eクラブ2750に続いて二つ目になります。

クラブ名は、「Rotary E-Club of Tokyo Peace Wing 」です。ロータリーの究極の目標は世界平和です。この目標を達成するために、世界に羽ばたいて活躍してほしい、そんな願いを込めてクラブ名を決定いたしました。クラブバナーも平和の象徴の鳩をイメージしてデザインをお願いしました。

チャーターメンバーの皆様にお願いがあります。ロータリーを真剣に勉強してください。ロータリー徽章を着用したら、ロータリアンになるのではありません。素晴らしいロータリアンを見習い、ロータリアンとしての感性を磨き真のロータリアンになって欲しいのです。そのために、自分の住まいや、仕事先にあるロータリークラブに積極的にメークアップに行ってください。きっと素晴らしい人脈が出来、友が増えるでしょう。

第2750地区の先輩のロータリアンの皆様、又世界中のロータリアンの皆様、新しいクラブそして新しいメンバーを、優しく、又厳しくご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。

拡大補佐挨拶

300304

2014/06/10

挨拶
東京三鷹ロータリークラブ
拡大補佐  白石隼男

東京ピースウィングロータリーEクラブの創立お目出とうございます。舟木特別代表の革新的な提言から、創立に至るまで関係した皆様への感謝の言葉は宮崎拡大補佐の挨拶に尽くされているとおりです。心から感謝申し上げます。

舟木特別代表の新クラブを作る提案は、いくつかの意味で革新的です。第一に、ロータリーピースフェロー(RPF)を創立メンバーに迎えるということ。RPFは卒業後世界の各地で活躍して居りますので、必然的にグローバルなネットワークを持ったクラブになります。第二に、第2750地区やスポンサークラブ東京三鷹ロータリークラブ、更にはRPFの活動に関心のある皆様が参加されていること。このような構成によるメリットは、RPFの世界各地での活動状況に触れることができること。RPFの活動を支援する、即ち、クラブのグローバルな活動に繋げられるということではないでしょうか。他のクラブに協力して支援する提案もできることでしょう。将来、ロータリー財団の掲げる6項目の重点分野で世界平和に貢献する活動につながっていくと信じております。
この点が、クラブ設立が意義深いものと思われる理由であり、皆様に特別のご指導・ご鞭撻をお願いする次第でもあります。

Congratulations on forming Rotary E-Cub of Tokyo Peace Wing. This club was started by an insightful suggestion of Ms. Funaki, and created by untiring dedication of Mr. Miyazaki. Needless to add, there were so many Rotarians and people interested in the idea who rendered encouraging support to transform an idea to a reality. I share heartfelt gratitude with Mr. Miyazaki to those dedicated supporters.

Ms. Funaki’s proposal was in some sense very innovative.
An E-Club consisting partly of Rotary Peace Fellows around the globe is a new idea. A global network of members is a conspicuous character and at the same time strength of the club.  Other members were solicited from friends of Rotarians belonging to District 2750 and Tokyo Mitaka Rotary Club, the sponsor club. Many of them have supported RPF and interested in fellows’ activities after graduation from ICU. Through this club’s activities, members can become more knowledgeable about various problems RPF are coping with around the globe. First hand knowledge may lead members to Rotary activities in 6 Areas of Focus, or Rotary Policy Statements. I strongly believe this will happen soon.
This is a truly valuable undertaking. That is why I sincerely request your good advice and strong support to the new E-Club.

クラブ概要

Club Name

名  称

Rotary E-Club of Tokyo Peace Wing
(日本語表記 東京ピースウィングロータリーEクラブ)

District

所属地区

Rotary International District 2750

国際ロータリー第2750地区

Area

地域

All the world

全世界(使用言語 英語・日本語)

創立

加盟認証

認証状伝達式

2014年5月17日

2014年6月2日

2014年7月26日」

スポンサークラブ

東京三鷹ロータリークラブ

Rotary Club of Tokyo Mitaka

創立時ガバナー

特別代表

拡大補佐

舟木 いさ子  Isako Funaki

舟木 いさ子      Isako Funaki

五老 辰雄     Tatsuo Goro

宮崎陽市郎     Yoichiro Miyazaki

白石 隼男       Hayao Shiraisi

創立時会長

William Nealy,Jr.

例会日程

毎週木曜日21:00より、毎週木曜日21:00まで(日本時間)

例会会場

ウエブサイト http://peace-wing.org

事務所

〒181-0013
東京都 三鷹市 下連雀 3-41-14 コスモフォーラム 307号
東京三鷹ロータリークラブ内
TEL 0422-48-8811
FAX 0422-48-8200
E-mail office@peace-wing.org

会長・幹事・会員数 (2016-2017年度)

会長

William Nealy,Jr.(ウィリアム・ニーリー、ジュニア)

幹事

宮崎 永子

会員数

25名(2016年7月14日現在)

認証状

認証状

バナー

~バナーの由来~logo2

ロータリー平和フェローが、卒業後ロータリアンとして世界に羽ばたき、世界平和実現のために活躍してほしいと願いを込め、平和の象徴の鳩と、世界の国花をイメージしてデザインしました。

ページの先頭へ戻る