Weekly Meeting Program今週の例会

東京ピースウィングロータリーEクラブ 例会

第502回 会長の時間 President's Message #502

(English follow Japanese)

ロータリアンのみなさま、ゲストの皆様、こんにちは(こんばんは)

ピースウィングロータリーEクラブ会長の田嶋です。今年度の例会も3回目、やっと少しペースがつかめてきました。

7月17日に今年度の第1回地区会長幹事会が開催されました。会長幹事会では、新しい地区の役職として「地区行動計画推進リーダー」なる役職が設置され、服部陽子パストガバナーが就任されました。これに伴い、クラブでも「クラブ行動計画推進リーダー」設置の要請が出るとのことですので、お声がけした際は是非ともご協力をお願い致します。

さて、今週は大暑についてです。大暑は暦上、1年で最も暑い時期です。今年は7月22日~8月6日までが大暑の期間です。この記事の執筆時点では、東京では7月22日頃が梅雨明けの予想ということですので、一気に大暑を感じることになろうかと思います。

気象庁の発表では、東京ではここ100年で平均気温が2.5℃上昇しているそうです。調べてみたところ、東京の1900年7月の平均最高気温は26.5℃、8月は30.5℃だったのが、昨年2023年は7月が33.9℃、8月が34.3℃を記録しました。2.5℃どころか、4~7℃も上昇しています。昨年は64日間連続で真夏日を記録するという特異な年だったという事情もありますが、果たして今年がどうなるかわかりません。現に今年の梅雨は各地で線状降水帯が発生するなど、もはや東南アジアかと思うような梅雨でした。

tokyo_temp_ann

このような気候変動は日本に限ったことではなく、世界的に温度上昇と気候の激化、そして居住可能地域の減少が起きています。ロータリーもこのような状況に対応すべく、2021年にそれまで6つだった重点分野に「環境」を追加し、7つの重点分野としました。「環境」がそれまでの6つの重点分野と大きく違うところは、いわゆる先進国においても対応が必要となる分野であるということです。もちろん残りの6つの重点分野は今も大変重要ですが、どちらかというと発展途上にある地域での課題解決に目が向いています。その点「環境」は日本を含む世界各地で今後対応が必要となる分野であり、そのためにグローバル補助金を使うこともできます。とはいえ、「環境」というと非常にあいまいな題目で、しかも目の前にわかりやすく困難が横たわっているという状況でもないため、他のクラブや地区でもなかなか手を出しにくい状況にある様です。一方それはいろいろな可能性があるということでもあります。是非、「環境」に対してロータリーが、私たち個人ができることにアンテナを張ってみてください。

もちろん、そのために体調を崩してはいけません。健康第一!適度にクーラーを使いつつ、日差しを避けて灼熱の東京の夏を乗り切りましょう!

Hello (Good evening) Rotarians and guests!

My name is Tajima, President of the Peace Wing Rotary E-Club. This is the third meeting of the year and I am finally starting to pick up the pace a bit.

The first meeting of this year's district presidents and secretaries was held on July 17. At the meeting, Past Governor Yoko Hattori assumed the position of “District Action Plan Champion” as a new district position. In line with this, clubs will be asked to establish a “Club Action Plan Champion” as well, so please cooperate with us when you are called upon to do so.

tokyo_temp_ann

According to the Japan Meteorological Agency, the average temperature in Tokyo has risen 2.5°C over the last 100 years. I found that the average maximum temperature in Tokyo in July 1900 was 26.5°C and 30.5°C in August 1900, but last year in 2023, 33.9°C and 34.3°C were recorded in July and August, respectively. Last year was a unique year in that 64 consecutive days of maximum temperatures of 30°C or higher were recorded, but there is no telling how this year will turn out. In fact, this year's rainy season was so severe that it seemed as if we were in Southeast Asia, with linear precipitation zones occurring in many areas.

This kind of climate change is not limited to Japan, but is occurring worldwide with rising temperatures, intensifying climates, and shrinking habitable areas. Rotary has responded to this situation by adding “environment” to its six areas of focus in 2021, bringing the total to seven areas of focus. The environment differs significantly from the previous six areas of focus in that it is an area that needs to be addressed even in the so-called developed world. Of course, the other six priority areas are still very important, but they are more focused on solving problems in developing regions. The environment, on the other hand, is an area that will need to be addressed in Japan and other parts of the world in the future, and global grants can be used for that purpose. However, “environment” is a very vague subject, and since there is no easy-to-see person in need, it is difficult for other clubs and districts to get involved. On the other hand, this also means that there are many possibilities. I urge you to be aware of what Rotary and we as individuals can do to help the “environment.

Of course, don't get sick for the sake of it. Health comes first! Let's survive the scorching Tokyo summer by using air conditioners in moderation and avoiding the sun!

ページの先頭へ戻る