Club Profileクラブ概要

クラブ概要

Club Name

名  称

Rotary E-Club of Tokyo Peace Wing
(日本語表記 東京ピースウィングロータリーEクラブ)

District

所属地区

Rotary International District 2750

国際ロータリー第2750地区

Area

地域

All the world

全世界(使用言語 英語・日本語)

創立

加盟認証

認証状伝達式

2014年5月17日

2014年6月2日

2014年7月26日

スポンサークラブ

東京三鷹ロータリークラブ

Rotary Club of Tokyo Mitaka

創立時ガバナー

特別代表

拡大補佐

舟木 いさ子  Isako Funaki

舟木 いさ子      Isako Funaki

五老 辰雄     Tatsuo Goro(物故・The deceased)

宮崎陽市郎     Yoichiro Miyazaki

白石 隼男       Hayao Shiraisi(物故・The deceased)

創立時会長

William Nealy,Jr.

例会日程

毎週木曜日21:00より、毎週木曜日21:00まで(日本時間)

例会会場

ウエブサイト http://peace-wing.org

事務所

〒181-0013
東京都 三鷹市 下連雀 3-41-14 コスモフォーラム 307号
東京三鷹ロータリークラブ内
TEL 0422-48-8811
FAX 0422-48-8200
E-mail office@peace-wing.org

会長・幹事・会員数 (2022-23年度)

会長

高山 晋作

幹事

引田 裕介

会員数

20名(2022年7月1日現在)

日本在住17名、アメリカ在住2名、マレーシア在住1名

認証状

認証状

バナー

~バナーの由来~

バナー

ロータリー平和フェローが、卒業後ロータリアンとして世界に羽ばたき、世界平和実現のために活躍してほしいと願いを込め、平和の象徴の鳩と、世界の国花をイメージしてデザインしました。

2021-22年度 Rotary Citation ロータリー賞 受賞

25の目標のうち、14の実効評価により国際ロータリーから表彰を受けました。初めての受賞。運営にあたりご相談に乗って頂き又多大なご支援を頂いた多摩中グループ、ガバナー補佐、グループ幹事をはじめ各クラブの皆様と各奉仕事業サポートを担って頂いた皆様、とりわけRID3300ペタリンジャヤロータリークラブの皆様に厚く御礼申し上げます

                    2750E-Club of Tokyo Peace Wing_page-0001 (かんせい

2022-23年度 東京ピースウィングロータリーEクラブ

会長 高山晋作 所信表明

  クラブテーマ  親睦を深め、クラブ活動を楽しむ

高山晋作_1

 2022-2023年度東京ピースウィングロータリーEクラブの会長を務めます、高山晋作です。どうぞ宜しくお願いいたします。

 当クラブは、インターネット上で例会・協議会を行う珍しい形のロータリークラブです。活動範囲を広げやすいという良い面を持っていますが、一方メンバー全員で親睦を深めることが難しいのも事実です。

 そこで今年度は、親睦を深め、全員がロータリー活動を楽しめる体制を作ることを目標にします。これは、メンバーを増やしクラブを発展させるために必要なことと考えたからです。

 また現在の環境を見ると、コロナ禍によりリモートワークが社会に浸透したことで、コミュニケーションツールが充実し、心理的なハードルも下がってきています。我々にとって活動しやすい環境が整ってきました。それを活かして昨年は、当クラブ初めての海外奉仕事業「ブレッシングシェルフプロジェクト」をやり切ることができました。このような奉仕事業の事例が増えていくことで、メンバーは自分の友人に、東京ピースウィングロータリーEクラブを自信をもって紹介できるようになると思います。

 メンバーが楽しみながら、クラブが成長する。そしてそれは他クラブにEクラブという新しいロータリーの形を示すことになります。

 それを目指してこの一年間、楽しくお互いを理解していきましょう。

 よろしくお願いいたします。

My name is Shinsaku Takayama, and I will serve as the president of the Tokyo Peace Wing Rotary E-Club for the year 2022-2023. I would like to take this opportunity to thank you for your kind attention.

Our club is an unusual Rotary club in that we hold our meetings and assemblies on the Internet. While this is a good thing because it makes it easy to expand the scope of our activities, it is also true that it is difficult to deepen the friendship among all members.

Therefore, this year, our goal is to create a structure where we can deepen our fellowship and all members can enjoy Rotary activities. This is because we believe this is necessary to increase the number of members and to develop the club.

Also, looking at the current environment, remote work has become more prevalent in society due to the Corona disaster, and communication tools have been enhanced and psychological hurdles have been lowered. The environment has become more conducive to our activities. Taking advantage of this, last year we were able to complete our first overseas service project, the Blessing Shelf Project. With more and more examples of service projects like this, I believe that our members will be able to confidently introduce the Tokyo Peace Wing Rotary E-Club to their friends.

The club will grow while its members have fun. And it will show other clubs a new form of Rotary, the e-club.

Let's enjoy this year and get to know each other to achieve this goal.

Thank you for your cooperation.

  

2022-23 年度RI 会長 テーマ

Theme-2022-2023-ja

2022-23 年度RI会長 

Jennifer-Jones-official-2022

ジェニファー・ジョーンズRI会長 プロフィール

Windsor-Roselandロータリークラブ

カナダ、オンタリオ州

オンタリオ州ウィンザーに拠点を置く創業27年の優良メディア企業、Media Street Productions社の創設者兼会長。ウィンザー・ローズランド・ロータリークラブ会員。

その才能を生かし、これまでに副会長、理事、ロータリー財団管理委員、「End Polio Now:歴史に1ページを刻もう」キャンペーン共同委員長などの役割を通じてロータリーの認知やインパクトの向上に貢献。

体験型ファンドレイジングの機会開拓においてリーダーシップを発揮し、米国フロリダ州ジュピターで行われたロータリーの「ジャック・ニクラスと行くポリオ・ゴルフ・デー」ではポリオ根絶のための525万ドルを超える募金を1日で集める。2020年5月には革新的な「#ロータリーによる対応(RotaryResponds)」のバーチャルイベントを主催し、新型コロナウイルス救援プロジェクトの資金を集め、世界中のロータリー会員が新型コロナウイルスにどのように対応しているかを紹介。

また、政治家や著名人、世界的なリーダーらとともに活動し、認識向上と数億ドルもの資金調達にあたり、疾病の根絶、平和推進、安全な水と衛生設備の提供に取り組む。その優れた話力は、人びとに希望と未来、そして行動への意欲を与えている。

超我の奉仕賞、ロータリー財団功労表彰状を受賞。法学博士号(LL.D.)を取得し、YMCA Peace MedalとQueen's Diamond Jubilee Medalを受賞したほか、カナダ人として初めてウェイン州立大学のCommunity Peacemaker Awardを受賞。

夫は医師でありロータリー会員でもあるニック・クラヤシッチ氏。旅行、サイクリング、ゴルフ、家族所有のコテージでのひと時を大切にしているほか、タンザニアのキリマンジャロ登頂などのアドベンチャーも楽しむ。

夫のニック氏と共に、アーチ・クランフ・ソサエティ、ポール・ハリス・ソサエティ、遺贈友の会会員としてロータリー財団を支援。

2022-23 年度 RI会長からのメッセージ

ジェニファー E. ジョーンズ

2022-23年度会長

2022年7月

 ロータリーに入会して以来、毎月、この雑誌が届くのを楽しみにしています。特に、冒頭の会長メッセージ。電子コピーもいいのですが、それでもやはり椅子に腰かけて雑誌のつやつやの紙面をめくるのは楽しいものです。私たちみんなが大切に思っているこの素晴らしい団体を映しだす写真や忘れがたいストーリーの宝庫ですから。これまで長年にわたり、奉仕プロジェクトや皆さんが変化をもたらした人びとの暮らしについて、この雑誌から多くを学んできました。

 コミュニケーションの専門家としては、私たちのストーリーがマスコミで日常的に取りあげられ、機関紙が病院や喫茶店などに置かれて人びとに読まれる日がいつか来ることを楽しみにしてきました。ロータリー会員がみんなの活動について詳しくなるのは素晴らしいことですが、より多くの人びとが私たちのストーリーを知ってくれたとしたら、そんなに素晴らしいことはないのではないでしょうか。

 そんな思いをめぐらせながら、今年度、世界中でロータリーを推進するための計画を練りました。今後12カ月間で、ロータリーの奉仕活動の好例となるようなプロジェクトに光を当てていきます。それも、戦略的に。ニックと私は、イマジン・インパクト・ツアーと名づけた、重点分野で最も影響の大きい、持続可能で大規模なロータリープロジェクトに焦点を当てます。

 奉仕したいと思っているけれどもロータリーに参加すれば奉仕活動ができると気づいていない人びとに呼びかけてくれるように、一流のジャーナリスト、ソートリーダー(思想的指導者)、インフルエンサーに働きかけます。

 しかし考えるべき重要な問題はほかにもあります。カーボンフットプリント(企業や個人の活動で消費される温室効果ガス排出量)です。私は、環境問題においてロータリーがリーダーシップを取りだしたことを真摯に受けとめています。コロナ禍で会員たちはロータリーが未来を切りひらくためのカギとなる模範を示してくれました。

 つまり、デジタル技術を活用してロータリーのストーリーを発信していくのです。関心がある人には誰にでも届くように、ツイート、投稿、「ライブ」を行います。環境への影響を考える必要がある。ということは、そのためにはイベントなどを毎回対面式で行うのではなく、ここ2年間のように有意義な方法でつながり続けることにもなるでしょう。

 もちろん、ロータリアンは人好きですから、交流の機会は必要です。ただ、今までより慎重に計画して、少しだけ違う方法で集まる方法を考えないといけない。例えば、プロジェクトのために現地を訪問する際には、近隣で行われているプロジェクトも訪問する予定を立てる、など。

 皆さんにはどういうストーリーがありますか?発信するのを手伝ってくれる人はいますか?皆さんもイマジン・インパクトに取りくみませんか。ストーリーは、ソーシャルメディアやZoomでも簡単に発信できるかもしれません。クラブや地区で注目すべきプロジェクトを紹介する方法をぜひお考えください。 

 ロータリーの奉仕活動と理念がもたらす影響は、私たちみんなが感じています。今こそ、この感覚を世界の人びとと共有する時です。

2022-23 年度 国際ロータリー第2750地区 ガバナー

富澤 為一

govenor_message

2022-23年度ガバナー 富澤為一 プロフィール

氏名     富澤 為一

所属クラブ  国際ロータリー第2750地区 東京品川ロータリークラブ

生年月日   1952年8月27日生

職業分類   一般印刷

学歴     1975年3月 青山学院大学経営学部経営学科 卒業

職歴     1975年4月 東邦精機株式会社  入社

       1976年4月 朝光堂印刷株式会社 入社

       2021年4月 株式会社朝光堂 代表取締役を経て相談役

       現在に至る

ロータリー歴   [1971年10月]  東京荏原RAC(現 東京品川中央RAC)入会

       [1993年5月]  東京品川ロータリークラブ入会

       [2001-02年度] 地区青少年交換委員会委員長

       [2002-03年度] クラブ幹事

       [2010-11年度] 地区ロータリー財団委員会・補助金委員会委員長

       [2012-13年度] 地区研修委員

       [2014-15年度] クラブ会長

       [2015-16年度] 地区会員委員会・会員増強委員会委員長

       [2016-17年度] 京浜グループガバナー補佐

       [2018-19年度] 地区幹事

       ロータリー財団 メジャードナー

               ポール・ハリス・ソサエティ

               ベネファクター

       (公財)ロータリー米山記念奨学会

               米山功労者マルチプル

ガバナー挨拶

「ロータリーを広げよう」

 今年の国際協議会は昨年に続き、バーチャルによるオンライン参加となりました。

 本来であればフロリダ・オーランドでRI会長エレクトのジェニファー・ジョーンズさんのスピーチを間近で聞き、その思いを肌で感じる事が出来る重要な機会だと期待をしておりました。

 バーチャルでの協議会は日本時間の2月7日から15日迄、13時からビデオで講習を受け、翌日11時から分科会で意見交換を行う、この繰り返しでした。

 ジョーンズRI会長はカナダのウィンザー・ローズランド・ロータリークラブです。

 テーマは「IMAGINE ROTARY」と発表されました。

 ジョーンズRI会長は、世界にもたらせる変化を想像して大きな夢を描き、その実現のためにロータリーの力と繋がりを生かすよう呼びかけました。ロゴマークは環の周りに7つの点。環は人々の繋がり、点は人であり、ロータリーの7つの重点分野、そして北斗七星のように先導する光、

 その下の線は困難に立ち向かう時に乗り越えるための道具です。

私たちロータリアンの夢は何でしょう。

 それは世界中の人が安全で安心して暮らせる平和な社会の実現です。

 私たちロータリアンはこの壮大な目標に向かい、友情と奉仕の心を大切に多くの友人と活動しています。

 世界の子供たちに約束したポリオの完全根絶も、もう目の前です。

日本のロータリークラブは100年の歴史を刻んできました。

 先人たちの素晴らしい発想と友情の繋がりで、次々と社会に良い変革をもたらし、世界に貢献をしてまいりました。

 しかし残念ながらここ数年、会員の減少に歯止めがかかりません。

 ロータリークラブが社会の変化についていけない何かがあるのではないでしょうか。

 会員の平均年齢は年とともに高まり、女性の参加比率もなかなか上がりません。

 2750地区の戦略計画の中で2024年6月末には5,000人の会員、女性会員比率を高め、40歳未満の会員を増やそうと目標を立てています。

 何故この様な目標を立てたのでしょうか。

 クラブが5年後、10年後でも生き生きと元気で活動し続けるには、新しい仲間を増やすことが不可欠だからです。

 それぞれのクラブが将来どんなクラブになりたいのか。そのための戦略計画を会長を中心に会員で話し合って立案し、実行することが大切です。

 DEIを理解し、新しい仲間を、新しいクラブを増やしましょう。

 地区の委員会はクラブの活動をサポートするために存在しています。

 その役割は多岐にわたり、親睦活動、奉仕の実践、会員増強、認知度向上、いろいろなリソースを提供し、繋がりを持って支援します。

 2022-23年度は特にローターアクターの活躍の場を広げ、多くの地区委員会に出向して頂きます。

 若い力と感性がロータリーの変化をもたらす原動力になると想像しています。

 ジョーンズRI会長はスピーチの中で、ロータリアンは自分のロータリーではなく、私たちのロータリーという意識に転換すべきであると、力説されました。

 仲間とチームを組んで行動しようとおっしゃいました。

 では仲間とは一体誰の事を言っているのでしょうか。

 もちろん世界中のロータリアンを指しているのでしょうが、家族や友人、地域で繋がっている身近な人すべてだと思います。

 人の役に立つ、世界でよいことをしようというロータリアンの活動は非日常的な事ではなく、仕事と同じ様に生活の一部になっています。

 私たちの社会は家族や友人から始まり、地域、そして世界と繋がっています。

 まずは身近な人との話題にロータリー活動も取り入れ、共に出来る事から取り組みましょう。

ロータリー活動の基本は例会です。

 皆さんが例会に参加をされるのは義務感からですか。

 いえ、違うでしょう。

 友人と会うのが楽しいから集まるのではないのですか。

 例会は会長・幹事だけが運営しているのではありません。

 会員の皆さんが参加をし、語り合う事により、一層楽しみが増すのです。

 友情を深め共に超我の奉仕を実践する事で人々に幸せをもたらし、自身も喜びを感じているはずです。

 自分の人生が豊かになっている事を感じているはずです。

 私たちの行動が、世界中の人の安心安全で豊かな暮らしに繋がる。

 そんな社会の実現に向けもっと多くの人にロータリーの心を知ってもらい、共に行動する仲間を増やして行きましょう。

 まずは自分の身近な人から。

 皆さん、これからの一年、「IMAGINE ROTARY」大きな夢をかなえたロータリーを想像して、ロータリーを広げる行動をして行きましょう。

2022-23年度地区重点目標

 

ロータリーのビジョン声明

2020-2021_vision

 ポリオ根絶まであと一歩のところまできたロータリーは、次なる課題に取り組む心構えができています。

 より多くの仲間を迎え入れ、より大きなインパクトをもたらし、世界に変化を生み出すための新たなビジョンの実現に向けて、行動を起こす時が来ています。

 国際ロータリーとロータリー財団のビジョンを達成するため、今後5年間の活動を方向づける4つの優先事項が定められました。

戦略的優先事項と目的

 より大きなインパクトをもたらす

  ・ポリオを根絶し、残された資産を活用する

  ・ロータリーのプログラムおよびロータリーが提供する体験に焦点を当てる

  ・活動成果を挙げ、それを測る能力を高める

 参加者の基盤を広げる

  ・会員基盤と参加者の基盤を広げ、多様化する

  ・ロータリーへの新しい経路を創り出す

  ・ロータリーの開放性とアピール力を高める

  ・インパクトとブランドに対する認知を築く

 参加者の積極的なかかわりを促す

  ・クラブが会員の積極的参加を促せるよう支援する

  ・価値を提供するため、参加者中心のアプローチを開発する

  ・個人的/職業的なつながりを築くための新たな機会を提供する

  ・リーダーシップ育成およびスキル研修の機会を提供する

 適応力を高める

  ・研究と革新、および進んでリスクを負うことへの意思を奨励する文化を築く

  ・ガバナンス、構造、プロセスを合理化する

  ・意思決定における多様な考え方を育むために、ガバナンスを見直す

中核的価値観

 今日の世界は、1905年の世界と同じではありません。

 人口動態が変わり、変化のスピードが加速し、テクノロジーによってつながりや奉仕の新たな機会が生み出されています。不変なのは、ロータリーを定義づける下記の価値観に対するニーズです。

 ・親睦

 ・高潔性

 ・多様性

 ・奉仕

 ・リーダーシップ

 過去を敬い、未来を見据えながら、私たちは進化を遂げ、ロータリーを時代に即した組織とするだけでなく、繁栄させることができます。

「RI会長強調事項の推進」

 ・ポリオの完全根絶にラストスパート

 ・DEIに特化したイベントの開催

 ・DEI(多様性、公平さ、インクルージョン)を理解し、取り組む

  

特別代表挨拶

2013-14年度 第2750地区 ガバナー 舟木いさ子

Funaki東京ピースウィングロータリーEクラブの設立、誠におめでとうございます。この設立にあたり、お力添えいただきました皆様に、心より感謝申し上げます。
拡大補佐の宮崎陽市郎様、白石隼男様、五老辰雄様に、既存のクラブとは異なった条件のクラブ設立をお願いし、この度、平和フェローから輪を広げたクラブが誕生したことを大変嬉しく思っております。
東京ピースウィングロータリーEクラブは、2750地区内では、二つ目のEクラブとして、国際ロータリーに承認されました。グローバル化が急速に進む昨今、日本のロータリーも時代に順応したクラブ運営を試み、発展させていかなければならないと思います。既に国際ロータリーでは、インターネットを活用して国境を越えたビデオ会議や会員の交流が実践されています。そこで、世界中で活躍する若い方々が、どこからでも例会に参加できる革新的なクラブを検討して参りました。東京ピースウィングロータリーEクラブは、平和フェローの学友を中心に世界中のロータリアンがライフスタイルに合わせてWeb上でコミュニケーションを取り合って活動を行う、新時代型クラブと言えるでしょう。
多くの先輩ロータリアンにご指導いただきながら、100年以上続く奉仕の理念を重んじ、「ピースウィング」の名に相応しく、世界に大きく羽ばたくような活動を期待したいと思います。
東京ピースウィングロータリーEクラブの今後のご活躍とご発展をお祈り申し上げます。

拡大補佐挨拶

0116-2

東京三鷹ロータリークラブ
2013~14年   会長 
拡大補佐  宮崎陽市郎

東京ピースウィングロータリーEクラブ、チャーターメンバーの皆様、創立おめでとうございます。また、舟木特別代表をはじめとする、第2750地区ロータリアンの皆様、スポンサークラブ東京三鷹ロータリークラブの会員の皆様の、多大なるご支援に関し心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

新クラブ設立は、2013年2月に、舟木ガバナー(当時エレクト)と話したことがきかっけでスタートしました。私は、ロータリー平和センタープログラムに携わって12年になります。毎年10名の優秀なフェローが国際基督教大学修士課程を修了し、世界中で活躍しているのを見て、平和フェローの学友を中心としたロータリーEクラブが出来ないかと以前から思っていました。

ロータリーEクラブは、新しいスタイルのロータリークラブです。例会をウエブ上で行います。ですから、日本にいなくても会員になることが出来ます。会費も比較的廉価で運営をすることが出来ます。若いメンバーが入会しやすいクラブと言えましょう。第2750地区では、東京米山Eクラブ2750に続いて二つ目になります。

クラブ名は、「Rotary E-Club of Tokyo Peace Wing 」です。ロータリーの究極の目標は世界平和です。この目標を達成するために、世界に羽ばたいて活躍してほしい、そんな願いを込めてクラブ名を決定いたしました。クラブバナーも平和の象徴の鳩をイメージしてデザインをお願いしました。

チャーターメンバーの皆様にお願いがあります。ロータリーを真剣に勉強してください。ロータリー徽章を着用したら、ロータリアンになるのではありません。素晴らしいロータリアンを見習い、ロータリアンとしての感性を磨き真のロータリアンになって欲しいのです。そのために、自分の住まいや、仕事先にあるロータリークラブに積極的にメークアップに行ってください。きっと素晴らしい人脈が出来、友が増えるでしょう。

第2750地区の先輩のロータリアンの皆様、又世界中のロータリアンの皆様、新しいクラブそして新しいメンバーを、優しく、又厳しくご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。

拡大補佐挨拶

300304

2020年9月23日にご逝去されました。

謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

2014/06/10

挨拶
東京三鷹ロータリークラブ
拡大補佐  白石隼男

東京ピースウィングロータリーEクラブの創立お目出とうございます。舟木特別代表の革新的な提言から、創立に至るまで関係した皆様への感謝の言葉は宮崎拡大補佐の挨拶に尽くされているとおりです。心から感謝申し上げます。

舟木特別代表の新クラブを作る提案は、いくつかの意味で革新的です。第一に、ロータリーピースフェロー(RPF)を創立メンバーに迎えるということ。RPFは卒業後世界の各地で活躍して居りますので、必然的にグローバルなネットワークを持ったクラブになります。第二に、第2750地区やスポンサークラブ東京三鷹ロータリークラブ、更にはRPFの活動に関心のある皆様が参加されていること。このような構成によるメリットは、RPFの世界各地での活動状況に触れることができること。RPFの活動を支援する、即ち、クラブのグローバルな活動に繋げられるということではないでしょうか。他のクラブに協力して支援する提案もできることでしょう。将来、ロータリー財団の掲げる6項目の重点分野で世界平和に貢献する活動につながっていくと信じております。
この点が、クラブ設立が意義深いものと思われる理由であり、皆様に特別のご指導・ご鞭撻をお願いする次第でもあります。

Congratulations on forming Rotary E-Cub of Tokyo Peace Wing. This club was started by an insightful suggestion of Ms. Funaki, and created by untiring dedication of Mr. Miyazaki. Needless to add, there were so many Rotarians and people interested in the idea who rendered encouraging support to transform an idea to a reality. I share heartfelt gratitude with Mr. Miyazaki to those dedicated supporters.

Ms. Funaki’s proposal was in some sense very innovative.
An E-Club consisting partly of Rotary Peace Fellows around the globe is a new idea. A global network of members is a conspicuous character and at the same time strength of the club.  Other members were solicited from friends of Rotarians belonging to District 2750 and Tokyo Mitaka Rotary Club, the sponsor club. Many of them have supported RPF and interested in fellows’ activities after graduation from ICU. Through this club’s activities, members can become more knowledgeable about various problems RPF are coping with around the globe. First hand knowledge may lead members to Rotary activities in 6 Areas of Focus, or Rotary Policy Statements. I strongly believe this will happen soon.
This is a truly valuable undertaking. That is why I sincerely request your good advice and strong support to the new E-Club.

ページの先頭へ戻る